スタンフォードブリッジ通信

-イングランド・プレミアリーグ- チェルシーFC について徒然と。。。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3試合見て、スコラーリの目指すサッカーの形が分かった。
まず、ポゼッション。今までの守備の堅いサッカーじゃなくて、相手陣地内でのパス回しから仕掛けようというのがスタイルらしい。
ただ、今日のスパーズ戦と先週のウィガン戦を見る限り、まだプレミアで簡単に勝てる内容までは出来上がっていないと思う。
引いて守られると相手も相手のディフェンスラインも下がり、攻撃が詰まって決定機があまり作れない。
後方からのロングボールは今日の試合はアネルカに一本だけ通ったが、外してしまった。
こうなるとやはり、サイドからのセンタリングが無いとかなり厳しいんじゃないかな。
横から揺さぶりをかけないとマークのずれも生まれないし、マークがずれないと全員がパンチ力を持った中盤がシュートを打てないし。
今日はバラックがいなくてボジングワが中盤に入っていたけど、バラックがいないから落ち着かないとか言うんじゃなくて、ボジングワが入ったんだからもっとパスワークからサイドをえぐって欲しかった(何回か個人突破からはクロスあげてたけど)。
これで2試合とも流れからのゴールがない。
攻撃の幅を増やさないと!
今のチェルシーのサッカーは戦術的には相手に対処されてしまうのでは…?
惜しいシュートもあったけど、個人の差だけではシーズン勝っていけないぞ。
チェルシーFCの試合等、チェルシーについての話をして行こうかなと思います。

どうぞよろしく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。